2度目の飲酒運転で人身事故を起こした父

父は会社役員で、通勤にはいつもマイカーを使用しています。

昨日の夜、帰宅途中に車を運転していたところ、歩いていた男性に衝突してしまい、そのはずみで重傷を負わせてしまいました。
単なる人身事故であれば逮捕まではそう簡単に至らないはずなのですが、父からアルコールが検出されたということで話が難しくなり、そのままパトカーで警察署に身柄を送られてしまいました。

問題は、父が以前にも飲酒運転で捕まった経歴を持っているということです。
今からもう十年以上も前の話になるのですが、お酒を飲んだ帰りに運転してしまい、警察に見つかったことがあったんです。

そのときは検問に引っかかって飲酒運転が発覚したので、事故を起こしてはいませんし、誰もケガをさせていなかったので、逮捕こそされませんでしたが、そんな過去が今回の逮捕で悪い影響を及ぼすのではないかと心配しています。

ともかく、被害者の方のお見舞いにも伺いたいですし、保険の請求などいろいろと整理したいことがあり、一刻も早く父と面会がしたいです。

ところが残念なことに接見禁止という事情があり、会うことができません。
血の繋がった親子であるにも関わらず面会ができないという事実に驚きましたが、そう定められている以上はどうすることもできないので、違う方法はないかと悩んでいます。

これからまずどうするべきなのでしょうか。

DATE:2017/7/4