盗撮の疑いで逮捕された友人

朝夕、通勤で電車に乗っていると、スマートフォンを扱っている人の数がどれ程多いものでしょうか?朝のニュースを見たり音楽を聞いたり、あるいは英会話の勉強をしている人も少なくありません。その中で、盗撮の疑いで逮捕された友人がいました。

仕事帰りの電車が満員だったのですが、その状況の中で、スマホのカメラのシャッター音が鳴り響いたのです。盗撮されたと思った女性が友人を指差して、「盗撮された。」と大声で叫んだことから、車内は大騒ぎ。そのまま鉄道警察隊に逮捕されたのです。

ご家族には逮捕された連絡が警察から入ってきたのですが、接見禁止の状態で何がどうなっているかは、家族の人も分かりません。慌てた奥さんから我が家に相談が来たのです。この時は、弁護士に相談するしかないと思い、奥さんに知人の弁護士を紹介したのです。

翌朝、すぐに弁護士が友人に面会してくれました。話によるとスマホを使いながら、仕事のメールを打っていた最中に間違って、カメラのアプリを起動させてしまい、シャッターを押してしまったようなのです。

確かにスマホの中には、女性の人の写真が収められていたようなのですが、盗撮するような部分でなく、偶発的な出来事と判断されたようなのです。弁護士の方の力もあり、その点を説明してもらい、友人は無事釈放となりました。

DATE:2017/7/4